ギタリストになるには


a0003_001007

バンドブームをきっかけにギターに憧れる若者が増えました。

ギターはバンドに限らず、演奏の中で一番目立つ花形の楽器です。

もてたい一心で始めた人もいるかと思われます。

ですが、プロのギタリストとして独り立ちするのは過酷な道となっています。

ここでは、そんな知られざるギタリストについて調べたものをまとめてみました。

プロとして

プロのギタリストと言えど、全員がTVに出たりCDをリリースしたりしているとは限りません。

”プロ”の定義を考えると、ギターを奏でて生活費を稼いでいる人がプロと言えるのではないでしょうか。

TVに出てCDの売り上げがあってと華々しくなくても、ギター教室を開いたり、レコーディングの依頼を受けたりとギタリストの仕事は様々です。

プロの種類

まずはアーティスト

プロギタリストの中でも最も華やかで目立つのがアーティスト。

ギタリストというよりも芸術家としてCDをリリースしたりライブ活動を行うことが多く、私達がよく目にする活動形態です。

次にセッションプロ

セッションプロは、アーティストのサポートとしてライブに参加するギタリストです。

バンドのように固定されていないので、フリーランスの活動が多くなります。

仕事を請け負うのには、ミュージシャン派遣事務所に登録したり、信頼のある場合は直接使命されて演奏します。

レコーディングプロ

レコーディングプロは、セッションプロがライブ活動に参加するのに対して、レコーディングで演奏をするプロを言います。

レコーディングプロは、アーティストの望む音を譜面を読み演奏していくのですが、ただ演奏するだけではなく、自分なりのアレンジを提案して演奏したりします。

アーティストのサポートと、発展を担当するのがレコーディングプロです。

レッスンプロ

レッスンプロは、その名の通りギターの演奏を教える先生です。

ギタリストを育てるので、演奏技術を分かりやすく教えなければいけないのと、本人も技術を磨いておかなければいけません。

ギタリストであり、教師でなければいけないので根気と愛情のいる仕事です。

メジャーデビュー

ギタリストとしてまず目標として掲げるのがメジャーデビューではないでしょうか。

一般的にメジャーデビューの定義は「日本レコード協会」に所属しているレコード会社からCDをリリースすることとなっています。

メジャーデビュー以外にも、インディーズという言葉を耳にしますが、インディーズは一般的に売れるような曲を作るよりも、自分たちの好きなようにCDをリリースしたいアーティストがこの方法をとります。

インディーズは、メジャーよりも売れないという誤解もありますが、分かりやすく居酒屋で例えればチェーン店と自営業の店の違いです。

自営業でも美味しいお酒と肴のある店はあるように、メジャーだから良い曲でインディーズだから人気がないというわけではないのです。